留学のための費用と奨学金

留学はお金がかかります。短期の場合は旅行会社や業者が至れり尽くせりで組んでいる場合があり、初めての場合はその方が安全ですが、当然金額も上がります。

 

中期以上の場合は旅行ツアーの域を抜け、「海外で生活する」スタイルになりますが、外国は日本ほど治安が良くないため、一般的には安全はお金で買うものです。そこでけちけちしてしまうと取り返しのつかないことになりかねません。学校の場所、住む地域、交通手段、などは十分に気をつけ、お金で解決できるのであればお金を使うことで身の安全を確保していくことになります。
また、公立の学校へ入れれば学費は非常に安く済みますが、公立は寮がなかったり、保護者がいない子供単独滞在では入れなかったり、といくつものハードルがあり、結局私立に通わざるを得ないケースもよくあります。

また、私学の方がサポートが手厚いので、安心して通いたいならと、私学を選ぶケースもあります。どちらにしろ「公立校へ通い、安いアパートや狭い寮住まいなら何とか足りる」位の経済力で留学を強行してしまうのは非常に危険です。余裕がないと何かの時に手を打てません。

お金がない場合は奨学金などの援助を是非検討してみるべきです。返済不要の全額給付型は、大学院で学位を取ることが前提であったり、科学や医学分野の研究者であったり、もう既に社会経験を経験した上で更に留学を積み重ねるようなスタイルの場合のみです。残念ながら、将来的にその留学が社会の役に立つのか、社会に還元されるのかわからないような、一般的な学生の留学は自費で行くか、貸与型の奨学金を利用するしかありません。
各国、各大学が独自の奨学金を持っていますから、確認する必要がありますが、そう簡単にはもらえません。ただ、したいことが明確で、すべきことをわきまえていて、それが将来的にその人自身ではなく、まわりの多くの人を助ける可能性があるような場合は、その主張が認められる可能性が十分にあります。

奨学金に申し込む場合は、申込期日などをかなり前もって知っておく必要があります。年に一度しか申し込みがなかったり、必要書類を作るのに時間がかかったりする場合もありますから、少なくとも1年半くらい前から情報を収集しておきましょう。
また、人数制限が少ないものは競争倍率が高まることもありますが、知名度の低さから意外と穴場になることがあります。また、性別や学歴など条件が厳しければ厳しいほど、申し込む側が絞り込まれますから、その条件にもしも自分が当てはまるなら、ラッキーです。もらえる可能性は一気に高まります。

奨学金、というとあまり身近ではない響きですが、貸与型の場合はローンを組んでいるのと同じです。公的機関や組織だけではなく民間のローンもあります。探せばたくさん出てきますから、経済面であきらめざるを得ないなら、あきらめる前に是非一度インターネットで調べてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です